30過ぎて若い頃のままに生活していたら肥満、その上ほぼ寝たきりに、しっかり運動、食事を考えないとマジでヤバいと考え行動しているブログです。筋トレ、栄養、ダイエットなど勉強実践していきます。

ファステイング(断食)のやり方

 
この記事を書いている人 - WRITER -
30過ぎたら身体に気を使って食事運動をしないと肥満や健康損ないます。私自身若い頃のままの食生活で肥満になり健康をそこなってほぼ動けなくなった体験から健康について本気で取り組もうと頑張っています。元気があればなんでもできる!!はその通りでした。ダイエット、筋トレ、食事などについて書いていきます。
Pocket

ファステイング(断食)はただ食べないだけだと思っていましたがしっかりしたやり方が確立しています。しっかりしたやり方にそって行えば内臓を休め、代謝を上げ、身体細胞を元気にしてくれるものです。

スポンサーリンク

ファステイングの手順

ファステイングは

準備期間→ファステイング→回復期

という三段階で行います。期間は半日~3日でそれ以上の場合は専門家の指導の元に行ってください。ファステイングは食べないという行為なのであまり無理すると身体を壊しますので気をつけてください。無理だと思ったら無理せずやめましょう。

準備期間

まず準備期間ですが実際ファステイング(断食)をする期間が半日なら半日、3日ならば3日と実際食べない期間と同じだけとります。

食事は内臓に負担をかけないような食事を普段の5~7割くらいに減らして食べます。

食事の内容は豆類、胡麻、海藻、野菜、魚、キノコ、いも類などにします。純日本食がちょうどいいですね。

ファステイング中

ファステイング(断食)中は水のみのキツイ断食か食事をスムージーや酵素ドリンク、コンブチャなどに置き換えます。固形物は一切取りません。

スムージー、酵素ドリンク、コンブチャなどにはビタミンやミネラルなどの栄養素が多少はありますのでそちらで行うほうがいいでしょう。

ファステイング中は普段よりも水分が多く必要です。なぜかというと固形物にも水分が含まれているからです。だいたいの食品は干物などでないかぎり半分は水分です。食事で取っていた水分がまるまるなくなるのでその分も補給します。

だいたい普段の倍くらいの水分を取るようなイメージですね。単純考えて1時間1回くらい、200cc飲んでいく感じです。

回復期

一番難しいのこの回復期です。回復期の期間はこれもファステイング中と同じくらいの時間かけてゆっくりともとの食事に戻していきます。この期間には油ものや肉類など消化良くないものはやめましょう。

ファステイングを行うと胃にしばらくなにも入ってきません。その状態から急にたくさん固形物、もしくは消化に良くないもの食べると胃液過剰分泌してしまい胃にまでダメージがきてしまいます。

なのでファステイングあけの最初の食事は重湯というお粥をつくるさいにでる白い水やお粥を少量食べていきます。準備期間に上げた食品の魚類除いたもので食事をしていきます。

まとめ

ファステイングはしっかりした手順踏んで行うことで内臓を休め身体デトックスを行い身体の機能を回復してくれます。ダイエット効果副産物して捕らえるようにしましょう。

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
30過ぎたら身体に気を使って食事運動をしないと肥満や健康損ないます。私自身若い頃のままの食生活で肥満になり健康をそこなってほぼ動けなくなった体験から健康について本気で取り組もうと頑張っています。元気があればなんでもできる!!はその通りでした。ダイエット、筋トレ、食事などについて書いていきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です