30過ぎて若い頃のままに生活していたら肥満、その上ほぼ寝たきりに、しっかり運動、食事を考えないとマジでヤバいと考え行動しているブログです。筋トレ、栄養、ダイエットなど勉強実践していきます。

筋肉はどのくらいの期間でつくのか

 
この記事を書いている人 - WRITER -
30過ぎたら身体に気を使って食事運動をしないと肥満や健康損ないます。私自身若い頃のままの食生活で肥満になり健康をそこなってほぼ動けなくなった体験から健康について本気で取り組もうと頑張っています。元気があればなんでもできる!!はその通りでした。ダイエット、筋トレ、食事などについて書いていきます。
Pocket

私が学生時代のころは筋肉がつくには細胞が全部変わる期間である半年は最低でも必要と言われてきましたが最近はそんなに時間がかからないと言われています。

たしかに本格的に筋トレをはじめて2週間くらいたったころには身体の変化を感じてきました、特にウエストが急激に減っていきましたね。

でもさすがに1日で筋肉はついたりはしません。だいたいどのくらいで筋肉はつくのでしょうか?

スポンサーリンク

筋肉がつくまでの期間は厳密には1週間、変化を感じるには3ヶ月

初心者の方が筋トレを開始して1週間くらいしたときにMRIで筋肉がついたか測定してみるとわずか(1%くらい)に大きくなっています。(筋肉博士のやさしい筋肉学より)さすがにこのくらいでは身体に変化を感じることはまずないですが

従来考えられていた3ヶ月(私の学生時代は半年と言われていましたが)で筋肉がついているのではなく1週間でも筋肉はしっかりとついていることがわかりました。

そして3ヶ月もしっかりと継続して筋トレを行っている方は身体の変化を感じられる人が出てきます。私も筋トレをはじめて3ヶ月くらいで腕や肩など見るからに変わったなと感じるにようになりました。

初心者ほど筋肉は付きやすい

以前にも書きましたが初心者ほど筋肉はつきやすいです。(1年でどのくらい筋肉はつくのか

ただ初心者の方は筋肉に効果がいく前にまず筋トレの動作自体に慣れるという段階があります。

動作にしっかり慣れるまでは筋肉に十分な刺激が入りずらいのでホントにはじめたばかりの時はなかなか筋トレの効果がでにくいと思います。

ただ動作に慣れてしっかりと筋肉に刺激が行くようになれば初心者は筋肉がつきやすいので変化も早いでしょう。

昔、筋トレをしていた人は筋肉がつきやすい(マッスルメモりー)

昔、筋トレをやっていたいた人も筋肉がつきやすいですね。スポーツ選手などが怪我をしても短期間で復帰できるのは筋肉が以前発達していた状態を記憶しているからです。これをマッスルメモリーと言います。

このマッスルメモリーは10年以上残っているようで筋トレを昔やっていた人は筋肉が衰えた後も昔のような筋肉を短期間でつけることができます。

私も半年くらいで大学時代の筋力に追いついたのはこのマッスルメモりーのおかげです。ただ昔の筋肉に追いつくとそこからは普通の成長速度になりますね。

まとめ

筋肉は1週間ほどしっかり筋トレを続けていれば成長し、3ヶ月くらいしっかりとおこなえば身体の変化も表れてきます。

特に初心者や以前筋トレをやっていた人は筋肉がつきやすくなっています。

筋肉をつけるための最適な筋トレのやり方

筋肉をつけるために必要なタンパク質の量

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
30過ぎたら身体に気を使って食事運動をしないと肥満や健康損ないます。私自身若い頃のままの食生活で肥満になり健康をそこなってほぼ動けなくなった体験から健康について本気で取り組もうと頑張っています。元気があればなんでもできる!!はその通りでした。ダイエット、筋トレ、食事などについて書いていきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です