30過ぎて若い頃のままに生活していたら肥満、その上ほぼ寝たきりに、しっかり運動、食事を考えないとマジでヤバいと考え行動しているブログです。筋トレ、栄養、ダイエットなど勉強実践していきます。

筋トレをする前には筋トレの効果が薄くならないように食べておきましょう

 
この記事を書いている人 - WRITER -
30過ぎたら身体に気を使って食事運動をしないと肥満や健康損ないます。私自身若い頃のままの食生活で肥満になり健康をそこなってほぼ動けなくなった体験から健康について本気で取り組もうと頑張っています。元気があればなんでもできる!!はその通りでした。ダイエット、筋トレ、食事などについて書いていきます。
Pocket

筋トレをする前には意外と気を使うの筋トレ前の食事です。

腹は減っているけど食べ過ぎると筋トレをするのに影響するし、まったく食べないと身体を動かすエネルギー源が不足してしまいます。夜勤明けに飯も食わずに15時まで待っていたときはさすがにキツかったですね。結局その後の筋トレもイマイチでしたし。

筋トレをする前に食事を取るべきですがそれにはどんな意味がありどんな食事をするべきなんでしょうか

スポンサーリンク

筋トレを行う前は軽く食べよう

筋トレも運動の一種なのでエネルギーを使います。筋トレ前にエネルギー源をとっておかないとエネルギーが足らず筋トレのパフォーマンスも落ちてしまいますし、空腹で集中力も切れてきます。

それにジムでは順番待ちもあります。私も以前は食べずに筋トレをやっていましたがスミスマシンが1台しかないジムなのでだいたい1時間待ちから長いと3時間くらい待ったりします。(最近は1時間以上待つようならマシントレーニングに変えてしまいますが)

待ち時間のうちに筋トレを始める前のエネルギーが枯渇したりお腹が空いて集中できなくならないように軽く食べておきましょう。ジムでは使いたい器具がなかなか空かないなんてことはよくあります。

筋トレ前にどんなものを食べるといいか

筋トレを始める前にはまずエネルギー源として糖質を取っておきましょう。筋トレも運動なのでエネルギーを使います。糖質はすぐにエネルギーになってくれます。それに筋トレ中にも筋肉は分解されています。タンパク質をとることでそれを防ぐことができます。

筋トレ前には糖質とタンパク質を胃に負担にならない程度に取っておくといいでしょう。オススメは果物とプロテインですね。果物は消化によく果糖はエネルギーになりやすいですし、プロテインも胃に負担をかけません。

ちなみに私は筋トレ前は玄米、卵、納豆にシーチキンを入れて食べてますね。玄米の消化が悪いので食べてから少し時間を置いてますから筋トレに行きますが玄米がビタミンB群が多く筋肉を作りやすくなります。

ただ消化はよくないので胃腸が強い人向けです。

筋トレ中にエネルギーを使い切るとカタボリックになる

筋トレをする前にはしっかりとエネルギーをとるのはカタボリックになるのを防ぐためです。

筋トレ中にエネルギー源が枯渇するとカタボリックという現象が起こります。これは身体に足りなくなったエネルギー源を筋肉を分解して作りだそうとする身体の反応です。

せっかく筋トレをして筋肉をつけようとしているのにカタボリックになってしまうと筋トレの効果が薄くなってしまいます。なのでエネルギー源である糖質と筋肉の元になるタンパク質を補充してから筋トレをします。

ちなみにスポーツをするときも糖質、タンパク質と取っておくと怪我も減りますし回復も早くなります。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
30過ぎたら身体に気を使って食事運動をしないと肥満や健康損ないます。私自身若い頃のままの食生活で肥満になり健康をそこなってほぼ動けなくなった体験から健康について本気で取り組もうと頑張っています。元気があればなんでもできる!!はその通りでした。ダイエット、筋トレ、食事などについて書いていきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です