30過ぎて若い頃のままに生活していたら肥満、その上ほぼ寝たきりに、しっかり運動、食事を考えないとマジでヤバいと考え行動しているブログです。筋トレ、栄養、ダイエットなど勉強実践していきます。

1年、筋トレしてきて実感したメリット

2017/05/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
30過ぎたら身体に気を使って食事運動をしないと肥満や健康損ないます。私自身若い頃のままの食生活で肥満になり健康をそこなってほぼ動けなくなった体験から健康について本気で取り組もうと頑張っています。元気があればなんでもできる!!はその通りでした。ダイエット、筋トレ、食事などについて書いていきます。
Pocket

なんだかんだでジムで筋トレをはじめて1年以上たちました。もともと身体を動かすことが好きでダイエットとしてはじめた筋トレでしたが筋トレの方に夢中になってダイエットのほうはあまり考なくなりひたすらバルクアップに専念してましたね。

今回は筋トレを1年してきて感じたメリットを書いていきます

スポンサーリンク

筋トレで実感できたメリット

身体の動きがシャープになった

ジムで筋トレを1年以上やってきて感じるメリットは身体の動きがシャープになったことですね。筋肉がついたことで身体が動きやすくなったからでしょう。当たり前のことですが。筋トレをする前はだいぶ筋肉が落ちていたので動き自体も鈍いし筋肉が少ないのでバランスを崩しやすいんですよね。そういうことがなくなりましたね。

脂肪が減りやすくなりました。

実感できるくらいに脂肪が減りやすくなりました。すこし食事を減らすと鏡で脂肪が減っていっているのがよくわかりますね。さすがに他人にわかるくらい減るには1ヶ月くらいはかかりますが。自分でチェックすると3日くらいでも減ってきているのがわかりますよ。

ジムでの運動中のメリット

ストレス解消

やっぱり重量がMAXに近いものをやり終わった後など達成感というか爽快感のようなものがあり、ストレス解消になりますね。筋トレをしていると脳内物質のセロトニンが出やすくなるということもあるんでしょうが。

頭がすっきりする。

これは筋トレに限らず他の運動でもそうでしょうが身体を動かすと脳に血液がまわるので頭がスッキリします。

私の場合は夜勤などもあり家に帰ってきたときはまだ朝の9時なんてこともあるので13時くらいに少し寝ます。だいたい15~16時くらいには目が覚めますがそのままにしているとだらだらしたまま1日が終わってしまうので起きぬけに筋トレをします。筋トレをすると頭がしっかり起きて残りの時間を無駄にしなくてすみますね。

デメリットは

疲れが残る

やり過ぎた場合などは疲れが翌日にも残っていて仕事中に眠くなったりと仕事に支障がでたりします。オーバーワークにならないように気をつけましょう。

栄養をしっかり取らないと

栄養をしっかりと取らないと怪我をします。20代前半や学生のころは回復力が高いので無理しても怪我になる前に回復しますが、アラフォーにもなると回復力がだいぶ落ちています。膝だったり腰だったりと痛めます。

痛めたときはしっかりとタンパク質を取ると回復が早くなります。というよりも痛める前からタンパク質をしっかりと取って怪我の予防をしましょう。タンパク質を取らないと怪我をしてもなかなか治らなくなりますのでタンパク質をしっかりととりましょう。

今回は個人的な実感ですがだいたいの人が同じようなメリット、デメリットを感じると思います。

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
30過ぎたら身体に気を使って食事運動をしないと肥満や健康損ないます。私自身若い頃のままの食生活で肥満になり健康をそこなってほぼ動けなくなった体験から健康について本気で取り組もうと頑張っています。元気があればなんでもできる!!はその通りでした。ダイエット、筋トレ、食事などについて書いていきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です