30過ぎて若い頃のままに生活していたら肥満、その上ほぼ寝たきりに、しっかり運動、食事を考えないとマジでヤバいと考え行動しているブログです。筋トレ、栄養、ダイエットなど勉強実践していきます。

身体は運動に適応し変化する

2017/05/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
30過ぎたら身体に気を使って食事運動をしないと肥満や健康損ないます。私自身若い頃のままの食生活で肥満になり健康をそこなってほぼ動けなくなった体験から健康について本気で取り組もうと頑張っています。元気があればなんでもできる!!はその通りでした。ダイエット、筋トレ、食事などについて書いていきます。
Pocket

最近は筋トレだけでなくジョギングも取り入れるようになりました。久しぶりに走る思ったい以上に足に負担がかかりますね。自転車なら通勤でいつも30分以上漕いでいるのにあまり疲れませんが久しぶりのジョギングはちょっとツライですね。

まあ走るのが嫌いということもありますが。でも走ったほうが理想的な身体つきになるんじゃないかと考えています。スポーツ選手サッカーの中田だったりロナウドも走っていますからね。陸上の短距離走の選手なんか理想的な身体ですね。ちなみにどちらも筋トレはしています。

やっぱり人間も環境に応じて身体を変化させるということだと思いますしダイエットも環境の変化に身体が適応するようにできるものなんじゃないかと思っています。

スポンサーリンク

身体の運動への適応

筋トレをしている人は筋肉質な身体に、短距離走をしいる人は短距離走の身体にマラソンをしている人はマラソンがしやすい身体に変化します。人間の身体は環境というよりも自分の行動や動作によって変化していきます。

ダイエットも体重を減らすということもありますがそれ以上に見た目をよくするということを考えてどういった運動するのかということが大事だと思います。食事だけ減らしても理想的な身体になることは難しいですしね。

私の身体も筋トレを本格的にはじめたころはそれに合わせて身体が変化していたので食事量は増えていましたが身体は引き締まっていきました。食事は1日4食ふつうの食事量を食べてましたがウエストはどんどん減っていきました。

いろんな要因はあると思いますがカロリーを減らすよりも運動を取り入れて身体に環境が変化したと思わせるほうがダイエットでは早いのではないかと思います。しっかりと絞ろうとしたらカロリー計算なんかも必要でしょうがそれはコンテストなどに出る人だけで十分だと思います。

今度、走ることを取り入れたのも走ることに適応した身体になってくるから余分についた脂肪や筋肉を落とし理想的な引き締まった身体になると考えて走ることを取り入れています。筋トレは理想的な身体をつくるのに必要なのでしていきます。

こんな感じで自分が目標とする理想的な身体の人がなにをしているのか考えながら身体作りをしていくことが理想的な身体に近づくことだと思います。

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
30過ぎたら身体に気を使って食事運動をしないと肥満や健康損ないます。私自身若い頃のままの食生活で肥満になり健康をそこなってほぼ動けなくなった体験から健康について本気で取り組もうと頑張っています。元気があればなんでもできる!!はその通りでした。ダイエット、筋トレ、食事などについて書いていきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です