30過ぎて若い頃のままに生活していたら肥満、その上ほぼ寝たきりに、しっかり運動、食事を考えないとマジでヤバいと考え行動しているブログです。筋トレ、栄養、ダイエットなど勉強実践していきます。

筋トレ効果を下げないための最適なウォーミングアップとは

2017/05/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
30過ぎたら身体に気を使って食事運動をしないと肥満や健康損ないます。私自身若い頃のままの食生活で肥満になり健康をそこなってほぼ動けなくなった体験から健康について本気で取り組もうと頑張っています。元気があればなんでもできる!!はその通りでした。ダイエット、筋トレ、食事などについて書いていきます。
Pocket

運動をする前には怪我やパフォーマンスを上昇させるためにウォーミングアップをすると思います。筋トレも運動なのでウォーミングアップをしたほうが怪我が少なくなりパフォーマンスも上がります。

私はジムまで自転車で行っているのでそれがいいウォーミングアップになっていると思っていましたが実は筋トレのパフォーマンスを上げるうえではマイナスになっているようです。

では筋トレに最適なウォーミングアップとは

スポンサーリンク

筋トレに最適なウォーミングアップは筋トレ

実は筋トレに最適なウォーミングアップは筋トレです。なんだそりゃと思うかもしれませんが事実です。ただ筋トレといっても自分がやろうと思っている筋トレの重量があると思いますがその重量よりもかなり軽い重量を2セットほど行います

具体的にベンチプレスで考えると

100kgのベンチプレスをやろうとしたらウォーミングアップで50kgのベンチプレスを10回、次に70だったり80kgの重量で3~5回くらい行い本番の100kgまでにフォームチェックなどをしながらウォーミングアップをするのことで筋トレのパフォーマンスを下げることなく怪我も少なくすることができます。

2セット目の回数を多くすると本番までに疲れてしまって思ったような筋トレができなくなってしまうので2セット目は少なめにします。私は2セット目も多めにやっていたので本番までに腕が疲労してしまい本番の重量で思ったほど上げられなくて筋トレが中途半端になってしまったときがありますので回数にはこだわらなようあくまでウォーミングアップだということをわすれないようにしましょう。

ウォーミングアップはパフォーマンスの向上と怪我の予防で行っていますのでウォーミングアップで疲れてしまっては意味がないのでウォーミングアップはあくまでウォーミングアップだということ回数にこだわる必要はなく本番の回数にこだわりましょう。

ジョギングや自転車がウォーミングアップに最適でないわけ

ジョギングや自転車などのウォーミングアップが悪いわけではないです。ただ有酸素運動も5分くらいならば問題ないですがそれ以上行うと筋肉を分解する酵素(コルチゾール)の分泌が活発にになってしまい筋肉の成長を妨げます。

さらに有酸素運動でエネルギーを使い過ぎると筋トレのエネルギーまで使ってしまうので思ったような筋トレができなくなってしまいます。なので有酸素運動でのウォーミングアップは5分いないの短い時間にしましょう。

ストレッチは筋トレ終了後に

ストレッチも筋トレのウォーミングアップには最適とは言えません。ストレッチはまずリラックス効果があることと入念に間接を延ばすと筋肉を収縮させようとする働きが弱まってしまいますそうなると思ったような筋トレができなくなってしまいますます。

ストレッチは筋肉をリラックスさせて伸ばそうということですが筋トレは筋肉を収縮させて行うことなので、まったく逆のことになってしまいます。ようは筋トレのウォーミングアップにはストレッチは向いていないのでしょう。

筋トレを終了してからのストレッチならば身体をリラックスさせて筋肉の疲労を回復させるのにはいいものなんですけどね。

スポンサーリンク

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
30過ぎたら身体に気を使って食事運動をしないと肥満や健康損ないます。私自身若い頃のままの食生活で肥満になり健康をそこなってほぼ動けなくなった体験から健康について本気で取り組もうと頑張っています。元気があればなんでもできる!!はその通りでした。ダイエット、筋トレ、食事などについて書いていきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です