30過ぎて若い頃のままに生活していたら肥満、その上ほぼ寝たきりに、しっかり運動、食事を考えないとマジでヤバいと考え行動しているブログです。筋トレ、栄養、ダイエットなど勉強実践していきます。

筋肉の分かれ目を作る(セパレーション)

2017/05/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
30過ぎたら身体に気を使って食事運動をしないと肥満や健康損ないます。私自身若い頃のままの食生活で肥満になり健康をそこなってほぼ動けなくなった体験から健康について本気で取り組もうと頑張っています。元気があればなんでもできる!!はその通りでした。ダイエット、筋トレ、食事などについて書いていきます。
Pocket

せっかく苦しい思いをして筋トレをしているのならやっぱり筋肉がハッキリと分かるカッコイイ身体になりたいですよね。筋肉の別れ目のことを筋肉のセパレーションといいます。セパレーションが効いたカッコイイ身体を目指して筋トレをしているのが目的の一つだと思います。

今回は筋肉のセパレーションを出すにはどうすればいいのか書いていきます。脂肪が多い人はもちろん同じような筋トレをしているのに筋肉のセパレーションがしっかり出る人と出ない人がいます。それがどうしてなのか?

スポンサーリンク

脂肪が多すぎるか筋トレしている部位を意識していない

単純に筋肉のセパレーションがなかなかでないのは脂肪が多いか筋トレしている部位に意識を集中していないかのどちらかか両方になります。

脂肪が多い

一般的によく知られていることですが脂肪が多いと筋肉のセパレーションが出にくいです。脂肪は間接や筋肉のセパレーションに関係なくつきます。間接などにつきすぎると運動の邪魔にもなりますし、体型も崩れます。

メタボリックシンドロームや生活習慣病の引きがねにもなりますから減らすようにしましょう。

筋トレ部位を意識していない

しっかりした筋トレをしているのになかなかセパレーションがでない人、同じような筋トレをしているのにセパレーションが出る人で出ない人がいるのは部位を意識して筋トレをしていないからです。

筋トレする部位をしっかり意識していないと狙った部位以外の筋肉にも負荷が分散してしまい十分な負荷が狙った部位に入っていないので思ったように筋肉が発達せず、なかなかセパレーションがでないということがおこります。

筋トレで狙った部位がしっかりと力が入っているかを意識してみてください。コツはなにも持っていない時に意識的に筋肉の一部に力を入れてみてください。上腕二等筋ならダンベルカールの動きに自然になります。胸ならばベンチプレスの形になります。そうしたことをすると意識がしやすくなります。

スポンサーリンク

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
30過ぎたら身体に気を使って食事運動をしないと肥満や健康損ないます。私自身若い頃のままの食生活で肥満になり健康をそこなってほぼ動けなくなった体験から健康について本気で取り組もうと頑張っています。元気があればなんでもできる!!はその通りでした。ダイエット、筋トレ、食事などについて書いていきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です