30過ぎて若い頃のままに生活していたら肥満、その上ほぼ寝たきりに、しっかり運動、食事を考えないとマジでヤバいと考え行動しているブログです。筋トレ、栄養、ダイエットなど勉強実践していきます。

10回×3セットで筋肉がつかない場合

2017/04/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
30過ぎたら身体に気を使って食事運動をしないと肥満や健康損ないます。私自身若い頃のままの食生活で肥満になり健康をそこなってほぼ動けなくなった体験から健康について本気で取り組もうと頑張っています。元気があればなんでもできる!!はその通りでした。ダイエット、筋トレ、食事などについて書いていきます。
Pocket

どうも~30過ぎの健康活動です。アラフォーです(゚∀゚)アヒャ

筋トレしてもなかなか筋肉がつかないという人がいます。筋トレのやり方を間違っている人、食事の取り方や筋トレのやり過ぎなどいろりろと理由はありますがよくみるのは筋トレのやり方ですね。なので今回は筋トレの間違いについて書いていきます

スポンサーリンク

10回×3セットがもっとも効率のよい筋トレとありますが

筋トレは80%の力で10回×3セット行うのがもっとも効率がよいとありますが実はあれは違います。実際は10回×3セットを目指すとしたほうがより正確な表現になります。

80%の力では10回が限度で2セット目以降は回数が減る

簡単に言うと人間は個人差はありますがだいたい80%の力では10回を行うのが限界で2セット目は筋力が落ちるはずなので本来80%の力で筋トレを行っていれば回数は8回だったり6回だったりと落ちるはずです。

やっていて10回×3セットできてしまう人は回数をこなすことだけに意識がいってしまい実際はかなり力をセーブした状態で筋トレをやっています。(実際10回×3セットこなせる場合は60%以下の力しか出していないでしょう。)つまり十分に筋肉を追い込めていないのです。

スポンサーリンク

回数を増やすことでも筋肉を追い込むことはできます

たまに回数を増やすことで筋肉がついたという人がいますが単純に回数を増やすことで筋肉を追い込んでいるだけですので筋肉がつくのは当たり前です。ただそのやり方でもしっかり追い込んでいれば最初のセットをやった後次のセットでは徐々に回数が減っていくはずです。

つまり筋肉が限界まで疲労することによりこのままではダメだもっと筋肉をつけようという信号が脳に入り脳が筋肉を増やそうするからです。

どちらのやり方でも筋肉をつけることはできますが10回×3セットを目指す筋トレの方が筋肉がつきやすいようです。

慣れたら重量を上げよう

因みに筋肉をつけるには負荷を重くしつづけることも必要です。当たり前ですが筋肉がつけば力が上がります力が上がれば挙げられる重さも上がります。いつまでも同じ重さで筋トレをやっていても思うように筋肉がつかないのは当然です。

まとめ

筋肉がなかなかつかない人は筋トレの重量が足りないか回数が足りていない。しっかり筋肉を追い込むように筋トレしましょう

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
30過ぎたら身体に気を使って食事運動をしないと肥満や健康損ないます。私自身若い頃のままの食生活で肥満になり健康をそこなってほぼ動けなくなった体験から健康について本気で取り組もうと頑張っています。元気があればなんでもできる!!はその通りでした。ダイエット、筋トレ、食事などについて書いていきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です