30過ぎて若い頃のままに生活していたら肥満、その上ほぼ寝たきりに、しっかり運動、食事を考えないとマジでヤバいと考え行動しているブログです。筋トレ、栄養、ダイエットなど勉強実践していきます。

筋トレするならしっかり栄養バランスを考えた食事をしないとケガします。

2017/04/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
30過ぎたら身体に気を使って食事運動をしないと肥満や健康損ないます。私自身若い頃のままの食生活で肥満になり健康をそこなってほぼ動けなくなった体験から健康について本気で取り組もうと頑張っています。元気があればなんでもできる!!はその通りでした。ダイエット、筋トレ、食事などについて書いていきます。
Pocket

どうも~30過ぎの健康活動です。アラフォーです(゚∀゚)アヒャ

私は学生時代、プロテインなんか飲んだことは一度もなかったですね。しかも筋トレも自重トレーニングのみでやっていましたが腹筋なんか6つに割れていて胸筋なんかもしっかりしてかなりいい体つきをしていました。今、アラフォーになってその時と同じような食生活で今やっているような筋トレを行えば1ヶ月もしないうちに身体中ケガだらけになるでしょうね。疲労もとれないし。

それだけ若い頃は代謝能力が強かったのでしょう。今はしっかり食生活を考えないとすぐに身体に影響が出てきます。でも毎回の食事を栄養バランスを考えてとろうとするとかなり大変です。そんなときにいろいろ思考錯誤しながらいきついたのが今の食事の玄米、卵、納豆、肉多めという食生活です。

スポンサーリンク

玄米、卵、納豆

玄米、卵、納豆という3つの完全栄養食を食べることでほとんどすべての栄養素を摂取することができます。摂取できないのはビタミンCくらいでしょう。しかもこの三つの食材は毎日食べても飽きることが少ない主食となる食材というのもですね。

玄米、卵、納豆でもたりない栄養素

ただこの三つの食材を食べていればすべての栄養素が十分にとれているわけではないです。なかには栄養素は含まれているが1日の必要量にだいぶ満たないものもあります。ビタミンA,D,K,B12,カルシウム、タンパク質などが足りていないです

肉や魚を副菜として足しましょう

そこで肉や魚をプラスすることでビタミンA.D,K,B12、タンパク質、カルシウムを補うことができます。ビタミンCについては果物などで補いましょう。

筋トレをしている場合は

筋トレを本格的にしている場合は体重1kgあたり2g以上のタンパク質がほしいところです。その場合は上の食生活では少ないのでプロテインで補いましょう。(プロテインの注意点

玄米、卵、納豆の注意点

玄米と生卵は消化があまりよくないので胃腸が弱い人や胃腸が風邪などで弱っている人はうまく吸収できずに下痢などを起こしてしまうこともあります。

そして納豆のビオチン(皮膚を正常に保つ、髪を元気にする)は生卵の卵白にあるアビジンにより吸着、排出されてしまうとういことがあります。ただビオチンは腸内でも生成可能なものなのであまり気にしなくても大丈夫でしょう

若いからといって栄養素をおろそかにすると身体の回復が間に合わずにケガや疲労の元になります。特に最近のスポーツは年々レベルが上がっているので食事をおろそかにするとトップクラスではやっていけないでしょう。社会人でスポーツをしていなくてもしっかりした食生活をおくれば自分の能力を最大限に発揮することができるでしょう。

常にこのような食生活をしなくてもいいですが1日1回くらいはやっていくとだいぶ変わってくると思います。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
30過ぎたら身体に気を使って食事運動をしないと肥満や健康損ないます。私自身若い頃のままの食生活で肥満になり健康をそこなってほぼ動けなくなった体験から健康について本気で取り組もうと頑張っています。元気があればなんでもできる!!はその通りでした。ダイエット、筋トレ、食事などについて書いていきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です