30過ぎて若い頃のままに生活していたら肥満、その上ほぼ寝たきりに、しっかり運動、食事を考えないとマジでヤバいと考え行動しているブログです。筋トレ、栄養、ダイエットなど勉強実践していきます。

モチベーションのあげ方

 
この記事を書いている人 - WRITER -
30過ぎたら身体に気を使って食事運動をしないと肥満や健康損ないます。私自身若い頃のままの食生活で肥満になり健康をそこなってほぼ動けなくなった体験から健康について本気で取り組もうと頑張っています。元気があればなんでもできる!!はその通りでした。ダイエット、筋トレ、食事などについて書いていきます。
Pocket

どうも~30過ぎの健康活動です。アラフォーです(゚∀゚)アヒャ

筋トレやっていると人と話す機会がありましたが筋トレが辛くて一人ではもう行きたくないって言ってましたね。だから友人を誘って行っているそうです。因みに私は筋トレむしろ大好きで早く筋肉痛がとれないかな~というほうなのでそういったものを感じたことがなかったのですね。

ということで今日は私なりのモチベーションのあげ方を書いていきたいと思います。私の場合やりたくないことをやる場合はこんな感じのことをやっています。

スポンサーリンク

モチベーション

単純にやる気のことです。やる気が出ない時になにかをやろうという気分にするというのはなかなか難しいですよね。

めんどくせ~ とか 後少し で気づいたら休みが終わっているなんてことも・・・・・・私もけっこーありました。でもモチベーションはある程度自分でコントロールできます。

まず最初好きな音楽を聞く

ものすごくやる気がでないときはまず好きな音楽を聞いて気持ちを高揚させるようにします。まあ好きな映画を観るや動画を観るでもいいのですが時間がかかります。音楽ですと聞きながら他のこともできますからね。なにもやる気がでないときはとりあえず気持ちを上げるということで取り入れるといいですよ。

意外とよくしられている方法みたいですが

次に自分を認める

音楽で気持ちを上げて取り合えずやってみたけど自分が思ったように進まないということはよくあることだと思います。まだ音楽などで軽く上がっただけのモチベーションなので思ったほど進むものではないですね。そういうときは全くやる気がなかった時の自分と比較して今日は少しでもやったということを自分で認めてあげてください

せっかく小さくやる気が出てきたのに自分に厳しくし過ぎてやる気を自分で消してしまっては意味がありませんからね。

身体を動かす

最後は身体を動かすです。身体を活発に動かすことができるくらいになればかなりモチベーションが上がってきます。これはスポーツのやる気を出す時だけでなく仕事のやる気や勉強などのやる気をだすことにも有効です。身体が活発に動くことで脳もそれにつられてやる気を出しやすくなります。

一応科学的にも証明されていることで脳の淡蒼球からやる気を出す信号を出すのですがその淡蒼球を活発に動かすのには身体を活発に動かすことが効果的なんだそうです。

全部やったけどやる気が出ないとき

その場合は自分自身がものすごく疲れているのでしょう。自分は疲れていないと思ってもいても実際には身体は疲れていてそのためにやる気がでないこともあります。そういうときは身体をしっかり休めましょう。そうすれば自然にモチベーションが回復します。充分休んでもモチベーションが回復しないときまた音楽を聞くからはじめてみてください。疲れがとれていればモチベーションが上がっていきます。

という感じです。実際身体を動かすまで行けばかなりモチベーションが高くなっていると思います。こんな感じでモチベーションは自分でコントロールしていきましょう。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
30過ぎたら身体に気を使って食事運動をしないと肥満や健康損ないます。私自身若い頃のままの食生活で肥満になり健康をそこなってほぼ動けなくなった体験から健康について本気で取り組もうと頑張っています。元気があればなんでもできる!!はその通りでした。ダイエット、筋トレ、食事などについて書いていきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です