30過ぎて若い頃のままに生活していたら肥満、その上ほぼ寝たきりに、しっかり運動、食事を考えないとマジでヤバいと考え行動しているブログです。筋トレ、栄養、ダイエットなど勉強実践していきます。

糖質制限ダイエットの流れ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
30過ぎたら身体に気を使って食事運動をしないと肥満や健康損ないます。私自身若い頃のままの食生活で肥満になり健康をそこなってほぼ動けなくなった体験から健康について本気で取り組もうと頑張っています。元気があればなんでもできる!!はその通りでした。ダイエット、筋トレ、食事などについて書いていきます。
Pocket

どうも~30過ぎの健康活動です。アラフォーです(゚∀゚)アヒャ

だいぶ風邪もよくなってきました。一時は39.4度も出たのでインフルエンザかと思いましたが普通の風邪でしたね。そろそろ筋トレがやりて~(≧∇≦)

それでは今日は糖質制限ダイエットの流れを書いていきます。

スポンサーリンク

糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエットとは糖質を1日50g以下にし足りないエネルギーを脂質で補うようにしていくダイエット法です。主にタンパク質と脂質を重要な栄養源とし、食事量やカロリー摂取量をあまり制限しないで行うダイエットです。糖質が少ない分すぐに脂質をエネルギー源として使用するため痩せやすくなります。

最初の2週間、ケトン体を効率よく作れるようにする

ケトン体とは脂質から作られるエネルギー源で糖質の代わりに脳のエネルギー源にもなります糖質制限ダイエットでは重要なエネルギー源ですね。まずこれを身体が作り出すように糖質を減らし脂質を増やします。1日の糖質摂取量を20g以下まで抑えると効率よくできます。

まずこの食生活を2週間続けてしっかりと身体がケトン体を作り出すように体質を変えます。因みにこの時期が一番辛くだいたい挫折するのもこの時期が多いみたいですね。

2週間後、エネルギー源がケトン体に代わる

しっかりと糖質を減らし脂質を増やす食生活を2週間行うとエネルギー源がケトン体に代わります。そうなると脂質をエネルギー源として使用するので身体についている脂肪も減りやすくなります。このころにはケトン体を身体が作り易くなっているので糖質は50gくらい摂取します。

糖質制限ダイエットとはケトン体を効率よく作り出す体質に変えること

こんな感じで糖質制限ダイエットとは脂質からケトン体を作り出しやすい体質にし、効率よく脂肪をエネルギー源として使用することで、体型を良くし体重を減らそうとういものです。筋トレを取り入れるのはより効率よく脂肪を落とすことと体型を良くするためですね。

それでは日々生活を元気に活力持って楽しんで生きましょう。人間、元気があれば何でもできます。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
30過ぎたら身体に気を使って食事運動をしないと肥満や健康損ないます。私自身若い頃のままの食生活で肥満になり健康をそこなってほぼ動けなくなった体験から健康について本気で取り組もうと頑張っています。元気があればなんでもできる!!はその通りでした。ダイエット、筋トレ、食事などについて書いていきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です