30過ぎて若い頃のままに生活していたら肥満、その上ほぼ寝たきりに、しっかり運動、食事を考えないとマジでヤバいと考え行動しているブログです。筋トレ、栄養、ダイエットなど勉強実践していきます。

自重ワークアウトの限界とジムワーク

2016/12/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
30過ぎたら身体に気を使って食事運動をしないと肥満や健康損ないます。私自身若い頃のままの食生活で肥満になり健康をそこなってほぼ動けなくなった体験から健康について本気で取り組もうと頑張っています。元気があればなんでもできる!!はその通りでした。ダイエット、筋トレ、食事などについて書いていきます。
Pocket

ちょうど1年くらい前でしたね。ワークアウト自体は中2からやっていましたがしっかりと調べてやったことはなかったのでフォームを調べてやり始めたのは。

自重ワークアウトの限界

自重ワークアウトの限界というとちょっと違うかもしれませんが自重でのワークアウトの難しさに行き詰まったのはフォームを改善して1ヵ月後くらいですね。

それまでフォームは適当でしたが回数はこなしていたので初めからかなり出来ました。がそうなると今度は負荷を適切に増やしていくことが難しくなります。

腕立てふせを両手だったのを片腕では急には出来ません。何か重りをつけようと考えましたが良さげなものがありません。ペットボトルですと10個くらいは最低でも必要になりますしね。

いろいろと工夫をしてみるのもいいかも知れませんがそこに時間を使うくらいならジムに行こうと考えました。

意外とジムは怖くない

最初、ジムに行くのは嫌だったんですよね。ものすごいマッチョがとんでもない重りををあげてる横でチマチマ、ワークアウトするのは情けないですし。

でも実際に行ってみるとそんな感じはマッタクなかったですね。普通の人が私でも余裕だなってくらいのワークアウトをやっていたのに安心しましたね。ここは別に異空間じゃないんだ。けっこー普通の人多いな~って感じでしたね。

久しぶりの機具でのワークアウト

だいたい15年ぶりくらいにベンチプレスをやりましたね。昔はMAX95kgできましたし、ワークアウトもしっかりやっているので70kgくらいは楽勝だと思いましたがぜんぜんダメでしたね。57kgでちょっと無理。となってしまいました。

神経の慣れ

他にも昔やっていた機具を使ってみましたがぜんぜん上がらない。正直、身体の感じからベンチプレスだってもっとあげられる感じはしていましたが上手く上がらないんですよ。

いろいろと調べると身体がまだ機具自体に慣れてなく上手く使えるように神経ができていないということがわかりました。

ですので私は初めの頃は1日でビックスリーというワークアウトの代表的で基本的なもの(ベンチプレス、デッドリフト、スクワット)をこなすようにしていました。

機具を上手く使えるように神経が発達するまではかなり早いペースで重りの重量が上がりましたね。元々それくらいの筋力はあったが神経が未熟で挙げられなかっただけですから。

はじめは4日に一回のペースで三種目のみやっていました。

上半身と下半身でワークアウト日を分けた

上半身と下半身のワークアウトを分けたきっかけはある日、最後にやっていたデッドリフトがMAXよりも20kgほど軽い重さで挙げられなくなったからです。

筋力の限界が来たわけじゃないですよ。ビックスリーのワークアウトは大きな筋肉とそれ一緒に細かい筋肉も使うので疲労により挙げられなくなったのです。

けっこー驚きましたね。筋力的にはまだできそうなのに上がらないわけですから。

それをきっかけにしっかり追い込むには分割しないと体力切れで追い込めなくなるのがわかりました。今ではビックスリーはその時の1.5倍の重量になり次第にダイエットよりもワークアウト自身にハマっていきました。

この記事を書いている人 - WRITER -
30過ぎたら身体に気を使って食事運動をしないと肥満や健康損ないます。私自身若い頃のままの食生活で肥満になり健康をそこなってほぼ動けなくなった体験から健康について本気で取り組もうと頑張っています。元気があればなんでもできる!!はその通りでした。ダイエット、筋トレ、食事などについて書いていきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です