30過ぎて若い頃のままに生活していたら肥満、その上ほぼ寝たきりに、しっかり運動、食事を考えないとマジでヤバいと考え行動しているブログです。筋トレ、栄養、ダイエットなど勉強実践していきます。

食事が身体を作っている

 
この記事を書いている人 - WRITER -
30過ぎたら身体に気を使って食事運動をしないと肥満や健康損ないます。私自身若い頃のままの食生活で肥満になり健康をそこなってほぼ動けなくなった体験から健康について本気で取り組もうと頑張っています。元気があればなんでもできる!!はその通りでした。ダイエット、筋トレ、食事などについて書いていきます。
Pocket

というわけで今回は基礎栄養素の話をしましょう。

私が食事真剣に考えるようになったきっかけ

その前にもうすぐ37歳の私が食べ物について真剣に考えるようになったのは2年前、私がまだ鬱病のど真ん中だったときまで戻りますが当時は食生活も悪く、炭水化物が普通の人の倍、その他は普通の半分というような生活を送っていました。炭水化物の多い食品、白米やパスタなどは栄養価は低くタンパク質も足りない。当時は風邪を引くと1ヶ月は治らなかったですからね。ここまでは歳のせいかなともおもいましたがある日風邪を引きました。風邪はすぐに治ったのですが体力が全く戻らなくなりました。確かに風邪は治っていたんですが身体がいうことを効かず。仕事以外は一日中寝ていないと仕事までの体力が回復しないようになりました。(私は泊まり仕事で次の日は1日休みです。)このまま寝たきりでまずいなんとかしなくてはと思い栄養について勉強したのが栄養の大切さを理解したきっかけです。栄養はしっかりとれば身体の機能が回復します。鬱病だって症状を軽くすることが可能です。

あなたの身体は食事から作られています。

身体も脳も骨も髪も全て食事から作られています。ここをおろそかにすると身体の働き、脳の働きが悪くなり何かをやろうとするモチベーションがあがりずらくなり人生に向かって行けなくなるのでしっかりと取って行きましょう。

五大栄養素

というものがあります。人体を構成する上で欠かせない栄養素それが

タンパク質、炭水化物、脂肪(ここまでで三大栄養素と言います)ビタミン、ミネラルです。

タンパク質

身体の材料になります。筋肉はもちろん皮膚、髪、爪、骨だってタンパク質からできています。

炭水化物

現在ダイエットの大敵されていますね。ただ脳や身体の重要な栄養素でエネルギーに変わりやすいものです。

脂肪

ダイエットでは仇敵の脂肪です。皆さん落としたいと思っているでしょうが、エネルギー源はもちろんホルモンの元になり生体膜の成分となり、皮膚を保護するものになります。

ここまでが三大栄養素、人間が生きていく為に欠かせない栄養素です。

ビタミン

ビタミンはエネルギー源や身体作るものではないですが他の栄養素がうまく働く為の潤滑油的な役割しています。

ミネラル

骨などの身体の組織を構成や身体の調子を整えます。

これらをバランス良く取っていくことで私身体の調子は劇的に変わりました。

今は36歳にして大学時代よりも筋力があります。

しっかりと考えて栄養をとりしっかりと理論的なワークアウトをすれば身体も脳も若々しくなれるのです。

この記事を書いている人 - WRITER -
30過ぎたら身体に気を使って食事運動をしないと肥満や健康損ないます。私自身若い頃のままの食生活で肥満になり健康をそこなってほぼ動けなくなった体験から健康について本気で取り組もうと頑張っています。元気があればなんでもできる!!はその通りでした。ダイエット、筋トレ、食事などについて書いていきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です