30過ぎて若い頃のままに生活していたら肥満、その上ほぼ寝たきりに、しっかり運動、食事を考えないとマジでヤバいと考え行動しているブログです。筋トレ、栄養、ダイエットなど勉強実践していきます。

超回復と休息

2016/11/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
30過ぎたら身体に気を使って食事運動をしないと肥満や健康損ないます。私自身若い頃のままの食生活で肥満になり健康をそこなってほぼ動けなくなった体験から健康について本気で取り組もうと頑張っています。元気があればなんでもできる!!はその通りでした。ダイエット、筋トレ、食事などについて書いていきます。
Pocket

今日も一日中仕事です。まあワークアウトのいい休息だととらえています。

ワークアウトはとくかくやればいいというわけではないです。

超回復

というものを起こさないと筋肉は大きくなりません。超回復とはワークアウトをおこなったあと以前よりも筋肉が増えることをいいます。ただ超回復をおこすには毎回同じ重さ、速度でやっていてもいっている以上には筋肉は超回復をおこしません。筋肉がより必要だとか脳が思うようなワークアウトをおこなわなければ筋肉を保つだけのものになります。

 

筋肉は疲労した度合いや筋肉の大きさで回復するまでの時間がかわります

一概にこうだからこのくらい休めばいいというものがないですが目安として一週間はみたほうがいいです。

超回復だけならば3~4日ほどすればほぼ回復しますがそれでは健が充分に回復せずに怪我の元になるからです。

しっかり高重量で限界まで追い込めた場合は私の場合は一週間くらいは同じ部位の高重量低回数ワークアウトはやりません。低重量高回数のワークアウトはやりますね。その場合、使う筋肉が遅筋メインになるのでやり過ぎなければ大丈夫ですね。

ただ低重量高回数もやり過ぎれば最後に速筋も使われだすので気をつけて下さい。

因みに違う箇所ならばもちろんやっても大丈夫です。

分割法

ワークアウトをする日を部位別に分けます。分かりやすくすると月曜日は大胸筋中心なのでベンチプレスなどを水曜日は足を中心にスクワット、金曜日は背中を中心にデッドリフトなどのように大きな筋肉を中心に週2回~7回まで分けれますね。私の場合は週2回で、上半身、下半身で分けています。

分割法はオススメですね。部位ごとに集中できますし疲労も少なくできるので最後のワークアウトがぜんぜん上がらなくなるということもなくなりしっかり追い込むことができるようになります。

この記事を書いている人 - WRITER -
30過ぎたら身体に気を使って食事運動をしないと肥満や健康損ないます。私自身若い頃のままの食生活で肥満になり健康をそこなってほぼ動けなくなった体験から健康について本気で取り組もうと頑張っています。元気があればなんでもできる!!はその通りでした。ダイエット、筋トレ、食事などについて書いていきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です